X
可視光通信コンソーシアム(VLCC)   
言語選択 / Language

flagflag

コンテンツ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

【可視光通信とは】


可視光通信とは、人間の身の回りにありふれている目に見える光--「可視光」を使って通信を行うという最新の通信技術です。

私達は、日常の行動や判断の大部分を目から入ってくる情報に頼っています。目に見えることは大きな価値をもつものが多く、それを助けるための機器はさまざまな場所で整備されています。
例えば、オフィスや家の中や道路上の照明や、交通信号機や広告用電光掲示、ディスプレー、電子機器の表示などの、目に見える光を発する装置です。

そういった装置に使用されるLED(Light Emitting Diode)--可視光素子には重要な特性があります。それは、“高速に点滅する能力”です。この可視光素子を人の目には感じられない程のスピードで高速に点滅させることにより、データを送信する事ができるのです。例えば、デジタルカメラ、携帯に装備されたカメラのように、可視光を受け取るシステムは実はすでに普及しています。
  
その可視光を通信に利用することで、従来の無線や赤外線で生じていた問題点を克服することができ、「ユビキタス(遍在的)」で「超高速」で、「人体や電子機器にも影響しない」という、今までにない新しい通信手段として期待されています。


■特性
-------------------------------------------------------------

可視光を用いた通信には従来の通信にはないさまざまなメリットがあります。

●可視光域は人間に安全なため、照明に用いている数ワットという高い電力でそのまま送信する事ができる
●照明は至る所に設置されているため、照明機器に通信機能を付加するだけでワイヤレス環境が構築できる

また、現在携帯電話や無線LAN等で広く用いられている無線通信ですが、一般に

■電磁波の人体への影響から送信電力を上げることができない
■電波法による制約から、広帯域な無線周波数を自由に使うことができない
■病院や宇宙船内では精密機器への影響から無線は使用できない

といった問題があります。しかし、可視光通信では以上の問題が解決できます。


■目的
-------------------------------------------------------------

可視光通信コンソーシアムは、可視光素子を、照明、信号機、電光掲示、表示などに利用しつつ、可視光の波動性(光の波、厳密に言うと明るさの強弱)を通信に利用することで、日本発の高速、安全でユビキタスな可視光通信システムを研究、開発、企画、標準化、普及させることを目的としています。



  

xPage

Copyright Visible Light Communications Consortium 2007 --- Powered by XOOPS Cube