X
可視光通信コンソーシアム(VLCC)   
言語選択 / Language

flagflag

コンテンツ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

【ユビキタス可視光表示通信】


■ユビキタスコンピューティングの定義は

コンピュータ/ネットワークが人間の生活空間の「状況」を認識し、人間の生活をサポートする。

例えば、
・人の位置と認識情報
・モノの位置と属性情報
・空間状況(光、風、温湿度)

これらの状況や属性を的確に把握することで最適制御します。


■ユビキタス可視光通信

PC、テレビ、携帯、電光掲示板等、可視光を利用する表示装置は不偏的に存在しています。

近年、これらの機器にLED表示装置が用いられることが多くなってきました。また機器のLEDのアクセスランプや赤外線通信装置は、古くから利用されています。

これらの機器/端末を可視光通信によってシームレスに連結することができれば「高速」「電波を発さない・人体に影響の無い」「盗聴対策が可能でセキュアな通信」が可能になります。

可視光通信は、ユビキタスコンピューティングに云う「省エネルギーと快適性の両立する通信」として、大きな可能性を秘めています。

xPage

Copyright Visible Light Communications Consortium 2007 --- Powered by XOOPS Cube