X
可視光通信コンソーシアム(VLCC)   
言語選択 / Language

flagflag

コンテンツ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

【可視光携帯端末ワーキンググループ】


可視光携帯端末ワーキンググループは、VLCC標準化委員会に所属するワーキンググループの1つで、2008年9月に締結された赤外線データ協会(IrDA)との共同開発協定(※)により活動を開始しました。このワーキンググループは、IrDAプロトコルを用いた可視光通信標準化(IrDA extension)を目的としています。


現在、携帯電話端末にはそのほとんどに「赤外線通信機能」が組み込まれています。その利便性やインフラの整備状況を生かし、携帯電話端末に可視光通信機能を組み込むことで、GPSのような位置情報機能を、地下街やビルの中、病院の中、電車内など、GPSが使えない場所で利用でき、さらに緊急通報にも使えるようになります。

可視光携帯端末の活用法の1つが「公共空間可視光モバイル」です。

これは、現在利用されている蛍光灯などの照明光インフラをそのまま活用し、送信側(照明光LED)から送られるデータを、受信側(携帯電話端末)が受け取るというものです。

照明、看板、掲示板、デイスプレー等、可視光のある所であれば、さまざまな情報を携帯電話で受けられますので、例えば、コンテンツ配信ナビゲーションデジタルサイネージイルミネーション等への活用ができます。

公共空間可視光モバイル

もう1つの活用法が「可視光モバイルtoモバイル」です。

これはすでに搭載されている赤外線データ通信の応用となりますが、IrSimple(4Mbps)に対応し、さらに将来可視光の通信速度が高まることで、大容量のコンテンツを送受信することが可能となります。
また、目に見える光の通信なので、わかりやすくフレンドリーであることや、通信をビジュアル演出することが可能です。

可視光モバイルtoモバイル

(※)参考資料:IrDAプレスリリース
「赤外線データ協会(IrDA)と可視光通信コンソーシアム(VLCC)は、相互の技術開発および研究を推進するため、共同開発協定に調印したことを発表」
http://www.irda.org/associations/2494/files/IrDA_VLCC_JPN.pdf

xPage

Copyright Visible Light Communications Consortium 2007 --- Powered by XOOPS Cube